Publications

Books

  1. Michael Beyeler (著), 池田聖, 浦西友樹, 中島悠太, 森尚平, 山添大丈, 山本豪志朗 (訳), "OpenCVとPythonによる機械学習プログラミング", マイナビ (2018.8)

  2. 浦西友樹, 青砥隆仁, 井村誠孝, 大倉史生, 金谷一朗, 小枝正直, 中島悠太, 藤本雄一郎, 山口明彦, 山本豪志朗 (著), "画像処理・機械学習プログラミング OpenCV3対応", マイナビ (2017.6)

  3. 藤本雄一郎, 青砥隆仁, 浦西友樹, 大倉史生, 小枝正直, 中島悠太, 山本豪志朗 (著), “OpenCV 3 プログラミングブック”, マイナビ (2015.9)

  4. OpenCV 2 プログラミングブック制作チーム (著), “OpenCV 2 プログラミングブック”, 毎日コミュニケーションズ (2011.12)

  5. 奈良先端科学技術大学院大学 OpenCVプログラミングブック制作チーム (著), “OpenCV プログラミングブック 第2版”, 毎日コミュニケーションズ (2009.7)

  6. 奈良先端科学技術大学院大学 OpenCVプログラミングブック制作チーム (著), “OpenCV プログラミングブック”, 毎日コミュニケーションズ (2007.9)

Journal Papers

  1. Guanghan Zhao, Jason Orlosky, Steven Feiner, Photchara Ratsamee and Yuki Uranishi, "Mitigation of VR Sickness during Locomotion with a Motion-Based Dynamic Vision Modulator", IEEE Transactions on Visualization and Computer Graphics (Early Access), pp.1-13 (2022.6) DOI: 10.1109/TVCG.2022.3181262

  2. Sota Shoman, Tomohiro Mashita, Alexander Plopski, Photchara Ratsamee and Yuki Uranishi, "Real-to-Synthetic Feature Transform for Illumination Invariant Camera Localization", IEEE Computer Graphics and Applications, Vol.42, No.1, pp.47-55 (2022.1) DOI: 10.1109/MCG.2020.3041617

  3. Anna C. S. Medeiros, Photchara Ratsamee, Jason Orlosky, Yuki Uranishi, Manabu Higashida and Haruo Takemura, "3D Pointing Gestures as Target Selection Tools: Guiding Monocular UAVs during Window Selection in an Outdoor Environment", ROBOMECH Journal, Vol.8, No.4 (2021.4) DOI: 10.1186/s40648-021-00200-w

  4. 村上正行, 佐藤浩章, 大山牧子, 権藤千恵, 浦田悠, 根岸千悠, 浦西友樹, 竹村治雄, "大阪大学におけるメディア授業実施に関する全学的な支援体制の整備と新入生支援の取り組み", 教育システム情報学会誌, Vol.37, No.4, pp.276-285 (2020.10)

  5. Tao Tao, Photchara Ratsamee, Jason Orlosky, Yuki Uranishi and Haruo Takemura, "MomentViz: An Interactive 3D Vision Augmentation Framework for Rapid Motion", Transactions of the Virtual Reality Society of Japan, Vol.25, No.2, pp.158-168 (2020.6) DOI: 10.18974/tvrsj.25.2_158

  6. Nattaon Techasarntikul, Photchara Ratsamee, Jason Orlosky, Tomohiro Mashita, Yuki Uranishi, Kiyoshi Kiyokawa and Haruo Takemura, "Real-time Guidance and Visualization of Optimized Packing Solutions", Journal of Information Processing, Vol.28, pp.193-202 (2020.3) DOI: 10.2197/ipsjjip.28.193

  7. Nattaon Techasarntikul, Photchara Ratsamee, Jason Orlosky, Tomohiro Mashita, Yuki Uranishi, Kiyoshi Kiyokawa and Haruo Takemura, "The Effect of the Presence of an Embodied Agent in an AR Guiding System", Transactions of the Virtual Reality Society of Japan, Vol.25, No.1, pp.68-77 (2020.3) DOI: 10.18974/tvrsj.25.1_68

  8. John Thomason, Photchara Ratsamee, Kiyoshi Kiyokawa, Jason Orlosky, Tomohiro Mashita, Yuki Uranishi and Haruo Takemura, "A Comparison of Adaptive View Techniques for Exploratory 3D Drone Teleoperation", ACM Transactions on Interactive Intelligent Systems (TiiS), Vol.9, Issue.2-3, Article No.17 (2019.4) DOI: 10.1145/3232232

  9. 井手口裕太, 川口純輝, 浦西友樹, 吉元俊輔, 黒田嘉宏, 井村誠孝, 大城理, "Oil Bubble Display: 油を投影面とした変形・結合・分裂が可能なディスプレイ", 芸術科学会論文誌, Vol.16, No.3, pp.15-28 (2017.9)

  10. 浦西友樹, 丸山裕, 内藤知佐子, 岡本和也, 田村寛, 加藤源太, 黒田知宏, "失敗を可視化する採血トレーナ", 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol.22, No.2, pp.217-227 (2017.6) DOI: 10.18974/tvrsj.22.2_217

  11. Yuta Ideguchi, Yuki Uranishi, Shunsuke Yoshimoto, Yoshihiro Kuroda, Masataka Imura and Osamu Oshiro, "Reconstruction of Smoke based on Light Field Consistency", IEEJ Transactions on Sensors and Micromachines, Vol.136, No.12, pp.522-531 (2016.12) DOI: 10.1541/ieejsmas.136.522

  12. 井手口裕太, 浦西友樹, 吉元俊輔, 黒田嘉宏, 井村誠孝, 大城理, "ライトフィールドからの煙の空間濃度分布推定", 映像情報メディア学会誌, Vol.70, No.7, pp.J146-J157 (2016.7) DOI: 10.3169/itej.70.J146

  13. Tuukka Karvonen, Yuki Uranishi, Tatsunori Sakamoto, Yosuke Tona, Kazuya Okamoto, Hiroshi Tamura and Tomohiro Kuroda, "Estimation of the Degree of Endolymphatic Hydrops Using Optical Coherence Tomography", Advanced Biomedical Engineering, Vol.5, pp.19-25 (2016.3) DOI: 10.14326/abe.5.19

  14. 三宅正夫, 眞鍋佳嗣, 浦西友樹, 井村誠孝, 黒田嘉宏, 大城理, "視覚障がい者のための色にもとづく服飾選択支援システム", 生体医工学, Vol.53, No.5, pp.255-263 (2015.10) DOI: 10.11239/jsmbe53.255

  15. Shingo Nagasaka, Yuki Uranishi, Shunsuke Yoshimoto, Masataka Imura and Osamu Oshiro, "Haptic Interface with a Stylus for a Mobile Touch Panel", ITE Transactions on Media Technology and Applications, Vol.3, No.4, pp.279-286 (2015.10) DOI: 10.3169/mta.3.279

  16. 浦西友樹, 瀧澤洸, 吉元俊輔, 井村誠孝, 大城理, “視覚障がい者のための誘導音を用いた線図形トレーシングシステム”, システム制御情報学会論文誌, Vol.28, No.5, pp.205-212 (2015.5) DOI: 10.5687/iscie.28.205

  17. 井村誠孝, 豆野裕信, 浦西友樹, 黒田嘉宏, 大城理, “食道の蠕動運動による食塊の輸送シミュレーション”, VR医学, Vol.12, No.1, pp.9-14 (2014.11)

  18. 横畑亮輔, 井村誠孝, 黒田嘉宏, 浦西友樹, 大城理, “手の筋骨格モデルを導入した投球シミュレーション”, 生体医工学, Vol.52, No.1, pp.1-10 (2014.2)

  19. 三宅正夫, 眞鍋佳嗣, 浦西友樹, 井村誠孝, 黒田嘉宏, 大城理, “スマートフォン利用による視覚障がい者のための衣類の色および模様認識システム”, 生体医工学, Vol.51, No.6, pp.342-349 (2013.12)

  20. 黒田嘉宏, 浦西友樹, 井村誠孝, 大城理, “力覚提示指向の大変形有限要素法シミュレーション”, 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol.18, No.4, pp.497-506 (2013.12)

  21. Yuki Uranishi, Yasufumi Moriie, Yoshitsugu Manabe, Osamu Oshiro and Kunihiro Chihara, “Pedestrian-traffic Logging Unit with Tailgating Detection Using Range Image Sensor”, ACEEE International Journal on Information Technology, Vol.3, Issue.3, pp.14-21 (2013.10)

  22. 浦西友樹, 眞鍋佳嗣, 千原國宏, “立体マーカを用いた拡張現実感環境における仮想物体の床平面に対する映り込みの実時間表現”, 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol.17, No.4, pp.477-486 (2012.12)

  23. 三宅正夫, 眞鍋佳嗣, 浦西友樹, 池田聖, 千原國宏, “視覚障がい者支援のための衣類の色および模様提示システム”, 日本色彩学会論文誌, Vol.36, No.1, pp.3-14 (2012.3)

  24. 井村誠孝, 浦西友樹, 池田聖, 眞鍋佳嗣, 大城理, 千原國宏, “平城京ウォークスルー -多様な環境に対応したバーチャル空間散策システム -”, 芸術科学会論文誌, Vol.10, No.4, pp.215-225 (2011.12)

  25. 木村有里, 眞鍋佳嗣, 浦西友樹, 千原國宏, “視覚障がい者のための化粧支援風圧ディスプレイ”, 映像情報メディア学会誌, Vol.64, No.12, pp.1884-1891 (2010.12)

  26. 浦西友樹, 今村昂司, 眞鍋佳嗣, 佐々木博史, 千原國宏, “重ね合わせ可能な半透明二次元カラーマーカ”, 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol.15, No.2, pp.125-134 (2010.6)

  27. 浦西友樹, 長縄美香, 安室喜弘, 井村誠孝, 眞鍋佳嗣, 千原國宏, “円筒鏡を用いた三次元形状計測システム”, 情報処理学会論文誌: コンピュータビジョンとイメージメディア Vol.47, No.SIG10 (CVIM15), pp.143-151 (2006.7)

Invited Talks

  1. 浦西友樹, "大阪大学におけるブレンデッド教育の実例", 龍谷大学先端理工学部FD報告会 (2022.3)

  2. 浦西友樹, "オープンソース画像処理ライブラリOpenCV:様々な環境での “Hello World”", 第63回システム制御情報学会研究発表講演会 チュートリアル講演 (2019.5)

  3. 浦西友樹, "VR/ARが医療にもたらす未来", 第35回兵庫医療情報研究会 (2017.9)

  4. 浦西友樹, "OpenCV 3.0 - コンピュータビジョンを簡単化するライブラリ", 電子情報通信学会総合大会2016 企画セッション 「パターン認識・メディア理解」必須ソフトウェアライブラリ 手とり足とりガイド, DT-1 (2016.3)

  5. 浦西友樹, "OpenCV2.2 ~画像処理プログラミングを簡単に~", ロボット学会セミナー 第62回シンポジウム 「ロボットに仕える画像処理技術の最前線」 (2011.5)

  6. 浦西友樹, "OpenCV2.0 ~画像処理を道具として使おう~", 第16回画像センシングシンポジウム チュートリアル講演会 (2010.6)

  7. 浦西友樹, "体験講演 CGにより再現されたバーチャル平城京", 奈良ユニバーサロン 超時空フォーラム 「シルクロードから藤原・平城京へ」 (2009.3)

International Conference Proceedings (Reviewed)

  1. Ryota Takahashi, Shizuka Shirai, Jason Orlosky, Yuki Uranishi and Haruo Takemura, "A Japanese Character Flick-Input Interface for Entering Text in VR", Proceedings of the 20th IEEE International Symposium on Mixed and Augmented Reality (ISMAR2021), Online (2021.10)

  2. Anna C. S. Medeiros, Photchara Ratsamee, Jason Orlosky, Yuki Uranishi, Manabu Higashida and Haruo Takemura, "UAV Target-Selection: 3D Pointing Interface System for Large-Scale Environment", Proceedings of the 2021 International Conference on Robotics and Automation (ICRA2021), Online (2021.6)

  3. Harn Sison, Photchara Ratsamee, Manabu Higashida, Tomohiro Mashita, Yuki Uranishi and Haruo Takemura, "Spherical Magnetic Joint for Inverted Locomotion of Multi-Legged Robot", Proceedings of the 2021 International Conference on Robotics and Automation (ICRA2021), Online (2021.6)

  4. Yuji Tsukagoshi, Yuki Uranishi, Jason Orlosky, Kiyomi Ito and Haruo Takemura, "Rainbow Learner: Lighting Environment Estimation from a Structural-Color Based AR Marker", Proceedings of the IEEE 3rd International Conference on Artificial Intelligence & Virtual Reality (AIVR2020), Online (2020.12)

  5. Anna C. S. Medeiros, Photchara Ratsamee, Yuki Uranishi, Tomohiro Mashita and Haruo Takemura, "Human-Drone Interaction: Using Pointing Gesture to Define a Target Object", Proceedings of HCI International 2020, Part 2, pp.688-705, Online (2020.7)

  6. Yuya Komabashiri, Tomohiro Mashita, Photchara Ratsamee, Yuki Uranishi, Masahide Koike and Kiyoyasu Maruyama, "Optimal Arrangement of Surveillance Cameras Using Space Division and a Genetic Algorithm", Proceedings of the International Conference on Intelligent User Interfaces Companion (IUI2020), pp. 99–100, Cagliari, Italy (2020.3)

  7. Shogo Terai, Shizuka Shirai, Mehrasa Alizadeh, Ryosuke Kawamura, Noriko Takemura, Yuki Uranishi, Haruo Takemura and Hajime Nagahara, "Detecting Learner Drowsiness Based on Facial Expressions and Head Movements in Online Courses", Proceedings of the International Conference on Intelligent User Interfaces Companion (IUI2020), pp.124-125, Cagliari, Italy (2020.3)

  8. Anna Carolina Soares Medeiros, Photchara Ratsamee, Yuki Uranishi, Tomohiro Mashita, Haruo Takemura and Tatiana Aires Tavares, "3D Gesture Interface: Japan-Brazil Perceptions", Proceedings of the 21st International Conference on Human-computer Interaction (HCII 2019): Cross-Cultural Design. Methods, Tools and User Experience, pp.266-279, Orlando, FL, United States (2019.7)

  9. Nattaon Techasarntikul, Photchara Ratsamee, Jason Orlosky, Tomohiro Mashita, Yuki Uranishi, Kiyoshi Kiyokawa and Haruo Takemura, "Evaluation of Pointing Interfaces with an AR Agent for Multi-section Information Guidance", Proceedings of the IEEE Virtual Reality 2019 (VR2019), Osaka, Japan (2019.3)

  10. Sota Shoman, Tomohiro Mashita, Alexander Plopski, Photchara Ratsamee, Yuki Uranishi and Haruo Takemura, "Illumination Invariant Camera Localization Using Synthetic Images", Proceedings of the 17th IEEE International Symposium on Mixed and Augmented Reality (ISMAR2018), Munich, Germany (2018.10)

  11. Tao Tao, Photchara Ratsamee, Yuki Uranishi, Kiyoshi Kiyokawa, Tomohiro Mashita and Haruo Takemura, "An Interactive 4D Vision Augmentation of Rapid Motion", Proceedings of Augmented Human 2018 (AH2018), Seoul, Korea (2018.2)

  12. Atsuyuki Nakamura, Kiyoshi Kiyokawa, Photchara Ratsamee, Tomohiro Mashita, Yuki Uranishi and Haruo Takemura, "A Mutual Motion Capture System for Face-to-face Collaboration", Proceedings of the International Conference on Artificial Reality and Telexistence and Eurographics Symposium on Virtual Environments (ICAT-EGVE2017), pp. 009-016, Adelaide, Australia (2017.11)

  13. Alexander Yeh, Photchara Ratsamee, Kiyoshi Kiyokawa, Yuki Uranishi, Tomohiro Mashita, Haruo Takemura, Morten Fjeld and Mohammad Obaid, "Exploring Proxemics for Human-Drone Interaction", Proceedings of the 5th International Conference on Human Agent Interaction (HAI), Bielefeld, Germany (2017.10)

  14. Jason Orlosky, Peter Kim, Kiyoshi Kiyokawa, Tomohiro Mashita, Photchara Ratsamee, Yuki Uranishi and Haruo Takemura, "VisMerge: Light Adaptive Vision Augmentation via Spectral and Temporal Fusion of Non-visible Light", Proceedings of the 16th IEEE International Symposium on Mixed and Augmented Reality (ISMAR2017), Nantes, France (2017.10)

  15. Takurou Okamoto, Yuki Uranishi, Tomohiro Mashita, Photchara Ratsamee, Kiyoshi Kiyokawa and Haruo Takemura, "Realtime Generation of Caustic Images Using a Deep Neural Network", Proceedings of the 16th IEEE International Symposium on Mixed and Augmented Reality (ISMAR2017), Nantes, France (2017.10)

  16. Yuta Ideguchi, Yuki Uranishi, Shunsuke Yoshimoto, Yoshihiro Kuroda and Osamu Oshiro, "Light Field Convergency: Implicit Photometric Consistency on Transparent Surface", Proceedings of the 2nd Workshop on Light Fields for Computer Vision (LF4CV): IEEE Conference on Computer Vision and Pattern Recognition Workshop, Honolulu, HI, United States (2017.7)

  17. John Thomason, Photchara Ratsamee, Kiyoshi Kiyokawa, Pakpoom Kriangkomol, Jason Orlosky, Tomohiro Mashita, Yuki Uranishi and Haruo Takemura, "Adaptive View Management for Drone Teleoperation in Complex 3D Structures", Proceedings of the 22nd International Conference on Intelligent User Interfaces (IUI2017), pp. 419-426, Limassol, Cyprus (2017.3)

  18. Pasi Raumonen, Yuta Ideguchi, Yuki Uranishi, Markku Åkerblom, Mikko Kaasalainen, Shunsuke Yoshimoto, Yoshihiro Kuroda and Osamu Oshiro, "Virtual Reality Forest: Real Measured Trees and Enhanced Experience", Proceedings of the EuroVR Conference 2016, Technical Session III, Athens, Greece (2016.11)

  19. Akira Saito, Megumi Nakao, Yuki Uranishi and Tetsuya Matsuda, "Deformation Estimation of Elastic Bodies Using Multiple Silhouette Images for Supporting Endoscopic Surgery", Proceedings of 38th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC2016) Late Breaking Research Posters Paper, Orlando, FL, United States (2016.8)

  20. Tuukka Matias Karvonen, Yuki Uranishi, Tatsunori Sakamoto, Yosuke Tona, Kazuya Okamoto, Hiroshi Tamura, Tomohiro Kuroda, "3D Reconstruction of Cochlea Using Optical Coherence Tomography", Proceedings of 38th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC2016), pp.5905-5908, Orlando, FL, United States (2016.8)

  21. Yuki Uranishi, Masataka Imura and Tomohiro Kuroda, "The Rainbow Marker: An AR Marker with Planar Light Probe based on Structural Color Pattern Matching", Proceedings of the IEEE Virtual Reality 2016 (VR2016), pp.303-304, Greenville, SC, United States (2016.3)

  22. Yuta Ideguchi, Yuki Uranishi, Shunsuke Yoshimoto, Yoshihiro Kuroda and Osamu Oshiro, "Surface Estimation of Transparent Object based on Local Photo Consistency", Proceedings of International Workshop on Advanced Image Technology (IWAIT2016), 1B-5, Busan, Korea (2016.1)

  23. Akira Saito, Megumi Nakao, Yuki Uranishi and Tetsuya Matsuda, “Deformation Estimation of Elastic Bodies Using Multiple Silhouette Images for Endoscopic Surgery”, Proceedings of the 14th International Symposium on Mixed and Augmented Reality, Poster, Fukuoka, Japan (2015.9)

  24. Shingo Nagasaka, Yuki Uranishi, Shunsuke Yoshimoto, Masataka Imura and Osamu Oshiro, “Haptylus: Haptic Stylus for Interaction with Virtual Objects behind a Touch Screen”, ACM SIGGRAPH Asia 2014 Emerging Technologies, Shenzhen, China (2014.12)

  25. Goshiro Yamamoto, Zeeshan Asghar, Yuki Uranishi, Takafumi Taketomi, Christian Sandor, Tomohiro Kuroda, Petri Pulli and Hirokazu Kato, “Grid-pattern Indicating Interface for Ambient Assisted Living”, Proceedings of International Conference on Disability, Virtual Reality and Associated Technologies (ICDVRAT2014), pp. 405-408, Gothenburg, Sweden (2014.9)

  26. Yoshihiro Kuroda, Yuki Uranishi, Masataka Imura, Osamu Oshiro and Haruo Takemura, “Large Deformation with Haptic Interaction by Stepwise Rotation Update of Finite Element Model”, Proceedings of International Congress and Exhibition Computer Assisted Radiology and Surgery (CARS2014), Vol.9, suppl.1, S127-128, Fukuoka, Japan (2014.6)

  27. Shunsuke Yoshimoto, Yoshihiro Kuroda, Yuki Uranishi, Masataka Imura and Osamu Oshiro, “Roughness Modulation of Real Materials using Electrotactile Augmentation”, Proceedings of Eurohaptics 2014, p.15, Versailles, France (2014.6)

  28. Yuki Uranishi, Goshiro Yamamoto, Zeeshan Asghar, Petri Pulli, Hirokazu Kato and Osamu Oshiro, “Work Step Indication with Grid-Pattern Projection for Demented Senior People”, Proceedings of 35th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC2013), pp.4698-4701, Osaka, Japan (2013.7)

  29. Masao Miyake, Yoshitsugu Manabe, Yuki Uranishi, Masataka Imura and Osamu Oshiro, “Voice Response System of Color and Pattern on Clothes for Visually Handicapped Person”, Proceedings of 35th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC2013), pp.4694-4697, Osaka, Japan (2013.7)

  30. Masataka Imura, Yoshito Tabata, Rikuta Ishigaki, Yoshihiro Kuroda, Yuki Uranishi and Osamu Oshiro, “Automatic Cropping Method of Chest Radiographs Based on Adaptive Binarization”, Proceedings of 35th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC2013), pp.6494-6497, Osaka, Japan (2013.7)

  31. Asuka Yagi, Yoshihiro Kuroda, Yuki Uranishi, Masataka Imura and Osamu Oshiro, “3D Simulation of Platelet Aggregation in Cryosurgery”, Proceedings of 35th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC2013), pp.1891-1894, Osaka, Japan (2013.7)

  32. Yoshihiro Kuroda, Ilana Nisky, Yuki Uranishi, Masataka Imura, Allison Okamura and Osamu Oshiro, “Novel Algorithm for Real-Time Onset Detection of Surface Electromyography in Step-Tracking Wrist Movements”, Proceedings of 35th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC2013), pp.2056-2059, Osaka, Japan (2013.7)

  33. Goshiro Yamamoto, Angie Chen, Petri Pulli, Jaakko Hyry, Muhammad Zeeshan Asghar, Yuki Uranishi and Hirokazu Kato, “A Laser Projection-based Tele-Guidance System Embedded on a Mobility Aid”, Proceedings of International Symposium on Medical Information and Communication Technology (ISMICT2013), Tokyo, Japan (2013.3)

  34. Makoto Fujisawa, Toshiyuki Amano, Takafumi Taketomi, Goshiro Yamamoto, Yuki Uranishi and Jun Miyazaki, “Interactive Photomosaic System Using GPU”, Technical Demos at ACM Multimedia 2012, Nara, Japan (2012.11)

  35. Goshiro Yamamoto, Yuki Uranishi and Hirokazu Kato, “Interaction in Augmented Reality using Non-rigid Surface Detection with a Range Sensor”, Proceedings of the Joint Virtual Reality Conference 2012 Poster and Industrial Track, pp.15-16, Madrid, Spain (2012.10)

  36. Masahide Kobayashi, Yoshitsugu Manabe, Noriko Yata and Yuki Uranishi, “Representation of Texture using Integrating Shading, Inter-reflection and Highlight in Mixed Reality”, Proceedings of the 2012 Asian Symposium on Printing Technology (2012ASPT), pp.89-95, Bangkok, Thailand (2012.9)

  37. Asahi Suzuki, Yoshitsugu Manabe, Noriko Yata and Yuki Uranishi, “Overlayable and Rotation-free Transmissive Circular Color Marker for Augmented Reality”, IS&T’s 6th European Conference on Colour in Graphics, Imaging (CGIV 2012), pp.115-120, Amsterdam, the Netherlands (2012.5)

  38. Yuki Uranishi, Goshiro Yamamoto, Hirokazu Kato and Petri Pulli, “Re-PITASu Concept: Touch-based Interaction Using Range Image Sensor with Image Projected onto Wall Surface”, Proceedings of the 21st International Conference on Artificial Reality and Telexistence (ICAT2011), p.141, Osaka, Japan (2011.11)

  39. Yuki Uranishi, Goshiro Yamamoto, Hirokazu Kato and Petri Pulli, “Re-PITASu Concept in Mixed Reality: Rangeimage-Projector based Visualization Tool for Arbitrary Surfaces”, Proceedings of the 10th IEEE International Symposium on Mixed and Augmented Reality (ISMAR2011) Workshop: Visualization in Mixed Reality Environment, Basel, Switzerland (2011.10)

  40. Goshiro Yamamoto, Ichiroh Kanaya, Keiko Yamamoto, Yuki Uranishi and Hirokazu Kato, “Visualization of Geometric Properties of Flexible Objects for Form Designing”, Proceedings of the 10th IEEE International Symposium on Mixed and Augmented Reality (ISMAR2011), pp.277-278, Basel, Switzerland (2011.10)

  41. Sei Ikeda, Yuki Uranishi, Yoshitsugu Manabe and Kunihiro Chihara, “FireVolleyball: Multi-player Interactive Game Providing a Sense of Touching Fire”, Proceedings of the ACM Multimedia 2010, Firenze, Italy (2010.10)

  42. Yasufumi Moriie, Yuki Uranishi, Hiroshi Sasaki, Yoshitsugu Manabe and Kunihiro Chihara, “Separating Individual from Human-occluded image by Range Image Sensor for Entry Control”, Proceedings of International Workshop on Advanced Image Technology (IWAIT2010), Kuala Lumpur, Malaysia (2010.1)

  43. Toshihisa Yamahata, Yuki Uranishi, Hiroshi Sasaki, Yoshitsugu Manabe and Kunihiro Chihara, “Glanular Materials Rendering based on Radiance Caching”, Poster Presentation at SIGGRAPH ASIA 2009, Yokohama, Japan (2009.12)

  44. Yuki Uranishi, Akimichi Ihara, Hiroshi Sasaki, Yoshitsugu Manabe and Kunihiro Chihara, “Real-time Representation of Inter-reflection for Cubic Marker”, Proceedings of the 8th International Symposium on Mixed and Augmented Reality (ISMAR2009), pp.217-218, Orlando, Florida, USA (2009.10)

  45. Hideki Shimada, Minoru Ikebe, Yuki Uranishi, Masayuki Kanbara, Hideki Sunahara and Naokazu Yokoya, “Design and Implementation of Wireless LAN System for Airship”, Proceedings of the International Symposium on Distributed Computing and Artificial Intelligence (DCAI2009), Salamanca, Spain (2009.6)

  46. Hideki Shimada, Yuki Uranishi, Minoru Ikebe and Hideki Sunahara, “Mobile Wireless LAN Router with Tracking Antenna”, Poster Presentation at HotMobile2009, Santa Cruz, California, USA (2009.2)

  47. Yuki Uranishi, Yoshitsugu Manabe, Hiroshi Sasaki and Kunihiro Chihara, “Implementation of Whole Shape Measurement System Using a Cylindrical Mirror”, Proceedings of International Workshop on Advanced Image Technology (IWAIT2009), Seoul, Korea (2009.1)

  48. Yuki Uranishi, Sei Ikeda, Hideki Shimada, Yoshitsugu Manabe and Kunihiro Chihara, “Proposal of Wireless LAN Antenna Using Image-based Tracking”, Proceedings of International Workshop on Advanced Image Technology (IWAIT2009), Seoul, Korea (2009.1)

  49. Sayaka Kamon, Yuki Uranishi, Hiroshi Sasaki, Yoshitsugu Manabe and Kunihiro Chihara, “Recognizing Needle Position Using Book-Attached Camera for Supporting "Watoji"”, Proceedings of International Workshop on Advanced Image Technology (IWAIT2009), Seoul, Korea (2009.1)

  50. Rei Miyake, Yuki Uranishi, Hiroshi Sasaki, Yoshitsugu Manabe and Kunihiro Chihara, “HDR Display Using Multi-Projectors”, Proceedings of International Workshop on Advanced Image Technology (IWAIT2009), Seoul, Korea (2009.1)

  51. Hiromi Tsujimura, Yuuki Uranishi, Muneyuki Sakata, Yoshitsugu Manabe and Kunihiro Chihara, “3D Shape Measurement of Transparent Objects Using Slit-pattern Reflection”, Proceedings of International Workshop on Advanced Image Technology (IWAIT2008), B5-4, Hsinchu, Taiwan (2008.1)

  52. Yuuki Uranishi, Muneyuki Sakata, Ismail Arai, Yoshitsugu Manabe, Hideki Sunahara and Kunihiro Chihara, “Book Management System Using Various Sensor Network”, Proceedings of International Workshop on Advanced Image Technology (IWAIT2008), B6-4, Hsinchu, Taiwan (2008.1)

  53. Ismail Arai, Yuuki Uranishi, Muneyuki Sakata, Kazutoshi Fujikawa, Hideki Sunahara and Kunihiro Chihara, “Next Generation Library: Automatic Book Management System with Ubiquitous Sensors”, Demonstration at Fifth annual IEEE International Conference on Pervasive Computing and Communications (PerCom2007), White Plains, New York, USA (2007.3)

  54. Yuuki Uranishi, Mika Naganawa, Yoshihiro Yasumuro, Masataka Imura, Yoshitsugu Manabe and Kunihiro Chihara, “Whole Shape Measurement System Using a Single Camera and a Cylindrical Mirror”, Proceedings of the 18th International Conference on Pattern Recognition (ICPR2006), Vol.4, pp.866-869, Hong Kong, China (2006.8)

  55. Yuuki Uranishi, Mika Naganawa, Yoshihiro Yasumuro, Masataka Imura, Yoshitsugu Manabe and Kunihiro Chihara, “Three-Dimensional Measurement System Using A Cylindrical Mirror”, Proceedings of the 14th Scandinavian Conference on Image Analysis (SCIA2005), pp.399-408, Joensuu, Finland (2005.6)

  56. Yoshitsugu Manabe, Yuuki Uranishi, Yoshihiro Yasumuro, Masataka Imura and Kunihiro Chihara, “Three-Dimensional Measurement for Small Moving Object”, Proceedings of SPIE-IS&T Electronic Imaging (SPIE2005), pp.235-242, San Jose, California, USA (2005.1)

International Conference Proceedings (Not Reviewed)

  1. Ryosuke Goto, Jason Orlosky, Photchara Ratsamee, Tomohiro Mashita, Yuki Uranishi, Kiyoshi Kiyokawa and Haruo Takemura, “Image Matching between Cameras for Vision Augmentation HMDs", Asia-Pacific Workshop on Mixed-Reality (APMAR2017), Beijing, China (2017.7)

  2. Junki Kawaguchi, Yuta Ideguchi, Yuki Uranishi, Shunsuke Yoshimoto, Yoshihiro Kuroda, Masataka Imura and Osamu Oshiro, “Oil Bubble Display: Oil Display for Flexible Interaction with Projected Images”, The 25th International Conference on Artificial Reality and Telexistence and the 20th Eurographics Symposium on Virtual Environments (ICAT-EGVE 2015) Demos, Kyoto, Japan (2015.10)

  3. Shunsuke Yoshimoto, Yoshihiro Kuroda, Yuki Uranishi, Masataka Imura and Osamu Oshiro, “Tactile Roughness Modulation of Material Surfaces Using Electrical Stimulus. International Symposium Future of Shitsukan Research, p.38, Tokyo, Japan (2014.7)

  4. Naritoshi Matsuzaki, Yuki Uranishi, Yoshihiro Kuroda, Masataka Imura and Osamu Oshiro, “Estimation of Bone Conduction Frequency Characteristics with Variation in Ear Canal”, Proceedings of 35th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC2013), Short Papers No.3268, Osaka, Japan (2013.7)

  5. Yuki Uranishi, Goshiro Yamamoto, Hirokazu Kato and Petri Pulli, “Re-PITASu Concept: Touch-based Interaction Using Range Image Sensor with Image Projected onto Wall Surface”, Proceedings of the 21st International Conference on Artificial Reality and Telexistence (ICAT2011), p.141, Osaka, Japan (2011.11)

  6. Sayaka Kamon, Yuki Uranishi, Hiroshi Sasaki, Yoshitsugu Manabe and Kunihiro Chihara, “WATOJI Training System Using Augmented Reality”, Proceedings of HCI International 2009, pp. 437-441, San Diego, California, USA (2009.7)

  7. Yuuki Uranishi, Yoshitsugu Manabe and Kunihiro Chihara, “Method of Searching Corresponding Points for Whole Shape Measurement”, Proceedings of the Seventh Finnish-Japanese Joint Symposium on Optics in Engineering (OIE'07), pp. 57-58, Tampere, Finland (2007.8)

  8. Hiromi Tsujimura, Yuuki Uranishi, Muneyuki Sakata, Yoshitsugu Manabe and Kunihiro Chihara, “Measurement of the Shape of Transparent Objects Using Specular Reflection”, Proceedings of the Seventh Finnish-Japanese Joint Symposium on Optics in Engineering (OIE'07), pp. 59-60, Tampere, Finland (2007.8)

Domestic Conference Proceedings (Reviewed)

  1. 塚越優治, 浦西友樹, "Rainbow Learner: 構造色パターンから光源環境を実時間推定可能なARマーカ", 第23回画像の認識・理解シンポジウム Extended Abstract, OS1-2B-5, Online (2020.8) [Short Oral]

  2. 浦西友樹*, 伊藤澄美*, 間下以大, ラサミーポチャラ, 竹村治雄, "写実的拡張現実環境に向けた構造色パターンからの学習ベース光源分布推定", 第22回画像の認識・理解シンポジウム Extended Abstract, OS3B-6, 大阪 (2019.7) [Short Oral] *equal contribution

  3. 正満創太, 間下以大, Photchara Ratsamee, 浦西友樹, 清川清, 竹村治雄, "シミュレーションと自己符号化器を用いた光源変化に頑健なカメラ位置姿勢推定", 第20回画像の認識・理解シンポジウム Extended Abstract , OS3-4, 広島, (2017.8) [Oral]

  4. Yuta Ideguchi, Yuki Uranishi, Shunsuke Yoshimoto, Yoshihiro Kuroda and Osamu Oshiro, "5D Estimation of Transparent Object based on Light Field Convergency", 第19回画像の認識・理解シンポジウム Extended Abstract, OS1-2, 浜松 (2016.8) [Oral]

  5. Tuukka Karvonen, Yuki Uranishi, Tatsunori Sakamoto, Yosuke Tona, Kazuya Okamoto, Hiroshi Tamura and Tomohiro Kuroda, “Estimation of the Degree of Endolymphatic Hydrops Using Optical Coherence Tomography”, 生体医工学シンポジウム2015 講演予稿集, p.134, 岡山 (2015.9)

  6. 三宅正夫, 眞鍋佳嗣, 浦西友樹, 吉元俊輔, 井村誠孝, 黒田嘉宏, 大城理, “視覚障がい者のための色にもとづく服飾選択支援システム”, 生体医工学シンポジウム2015 講演予稿集, p.93, 岡山 (2015.9)

  7. Yuta Ideguchi, Yuki Uranishi, Shunsuke Yoshimoto, Masataka Imura and Osamu Oshiro, “Light Field Consistency for Spatial Density Estimation of Smoke”, 第18回画像の認識・理解シンポジウム Extended Abstract, SS1-9, 大阪 (2015.7) [Poster]

  8. 井手口裕太, 川口純輝, 和田章宏, 浦西友樹, 吉元俊輔, 井村誠孝, 大城理, “Oil Bubble Display: 油の変形・結合・分離による 投影像の形状や色とのインタラクション”, インタラクション2015 論文集, pp.1005-1009, 東京 (2015.3)

  9. Yuta Ideguchi, Yuki Uranishi, Shunsuke Yoshimoto, Masataka Imura, Osamu Oshiro, “Reconstruction of Spatial Density of Smoke based on Light Field Consistency”, 第17回画像の認識・理解シンポジウム Extended Abstract, SS1-58, 岡山 (2014.7) [Poster]

  10. 三宅正夫, 眞鍋佳嗣, 浦西友樹, 井村誠孝, 黒田嘉宏, 大城理, “スマートフォン利用による視覚障がい者のための衣類の色および模様認識システム”, 生体医工学シンポジウム 講演予稿集, p.191, 福岡 (2013.9)

  11. 横畑亮輔, 井村誠孝, 黒田嘉宏, 浦西友樹, 大城理, “手の筋骨格モデルを導入した投球シミュレーション”, 生体医工学シンポジウム 講演予稿集, p.64, 福岡 (2013.9)

  12. Masataka Imura, Yuki Uranishi, Yoshihiro Kuroda and Osamu Oshiro, “Connected Component Labeling on GPU based on Raster Segment Pair Approach”, 第16回画像の認識・理解シンポジウム 論文集, SS6-9, 東京 (2013.8) [Poster]

  13. 井手口裕太, 浦西友樹, 黒田嘉宏, 井村誠孝, 大城理, “視体積とリフォーカス画像群を併用した煙霧の空間濃度分布推定”, 第16回画像の認識・理解シンポジウム 論文集, SS3-36, 東京 (2013.7) [Poster]

  14. 西田武司, 浦西友樹, 松代直樹, 山本豪志朗, 武富貴史, 宮崎純, 加藤博一, 陳延偉, 千原國宏, “主成分分析を用いた顔面神経麻痺度合いの40点法に基づく定量評価”, 生体医工学シンポジウム2012 講演予稿集, p.446, 大阪 (2012.9)

  15. Yuki Uranishi, Goshiro Yamamoto, Zeeshan Asghar, Petri Pulli, Hirokazu Kato, “Indication based on Grid Projection for Supporting Kitchen Work”, 生体医工学シンポジウム2012 講演予稿集, p.582, 大阪 (2012.9)

  16. 浦西友樹, 眞鍋佳嗣, 佐々木博史, 千原國宏, “円筒鏡を用いた全周形状計測システムの実装”, 画像の認識・理解シンポジウム2008 論文集, pp.1082-1087, 長野 (2008.7) [Poster]

  17. 浦西友樹, 長縄美香, 安室喜弘, 井村誠孝, 眞鍋佳嗣, 千原國宏, “円筒鏡を用いた単眼全周形状計測システム”, 画像の認識・理解シンポジウム2006 論文集, pp.1126-1131, 宮城 (2006.7) [Poster]

  18. 浦西友樹, 長縄美香, 安室喜弘, 井村誠孝, 眞鍋佳嗣, 千原國宏, “円筒鏡を用いた3次元形状計測システム”, 画像の認識・理解シンポジウム2005 論文集, pp.1152-1159, 兵庫 (2005.7) [Poster]

Domestic Conference Proceedings (Not Reviewed)

  1. 佐藤僚太, 浦西友樹, Photchara Ratsamee, 東田学, 竹村治雄, "プロジェクションマッピングを用いたボールのキックフォーム学習支援", 第66回システム制御情報学会研究発表講演会 論文集, 312-4, 京都 (2022.5)

  2. 坂本賢哉, 白井詩沙香, 武村紀子, Jason Orlosky, 長瀧寛之, 上田真由美, 浦西友樹, 竹村治雄, "視線情報に基づくVR空間でのマンガ教材読書時の主観的難易度推定", 日本バーチャルリアリティ学会 複合現実感研究会, オンライン (2021.10)

  3. 塚越優治, 浦西友樹, オーロスキ ジェーソン, "構造色パターンを利用した光源方向および分光分布推定に関する検討", 第24回画像の認識・理解シンポジウム Extended Abstract, I11-25, オンライン (2021.7)

  4. 城彰彦, 浦西友樹, オーロスキ ジェーソン, 塚越優治, "RGB画像と熱画像を併用した透明物体の三次元形状復元", 第24回画像の認識・理解シンポジウム Extended Abstract, I11-33, オンライン (2021.7)

  5. 浦西友樹, 長濱愛珠咲, 大西和歩, 浜本多聞, オーロスキ ジェーソン, ラサミー ポチャラ, 竹村治雄, "ClimbAR: クライミングにおける暗黙知の定量化と拡張現実による情報提示", 第65回システム制御情報学会研究発表講演会 論文集, TS12-02-2, オンライン (2021.5)

  6. 吉見光平, ラサミー ポチャラ, 浦西友樹, 東田学, オーロスキ ジェーソン, 竹村治雄, "GhostReplay: 人体モデルアニメーションを用いた3次元リプレイ提示によるスポーツにおける技能向上支援システム", 第65回システム制御情報学会研究発表講演会 論文集, TS12-02-3, オンライン (2021.5)

  7. 陶涛, ラサミー ポチャラ, 浦西友樹, オーロスキ ジェーソン, 東田学, 竹村治雄, "SmartVP: An autonomous Viewpoint Selection for Watching a Boxing Game in Virtual Reality", 第65回システム制御情報学会研究発表講演会 論文集, TS12-02-4, オンライン (2021.5)

  8. 大西和歩, オーロスキ ジェーソン, 浦西友樹, ラサミー ポチャラ, 竹村 治雄, "スポーツクライミングにおけるOST-HMDの利用と効果の検証", 日本バーチャルリアリティ学会 複合現実感研究会, MR2021-2, オンライン (2021.1)

  9. 浜本多聞, 竹村治雄, 浦西友樹, ラサミー ポチャラ, "VR技術を用いたパラグライダ操縦技能獲得システムの設計と評価", 日本バーチャルリアリティ学会 複合現実感研究会, MR2021-4,オンライン (2021.1)

  10. 長濱愛珠咲, 浦西友樹, Photchara Ratsamee, Jason Orlosky, 竹村治雄, "登攀動作に内在する練度の定量化", 日本バーチャルリアリティ学会 複合現実感研究会, MR2020-14, 函館/オンライン (2020.10)

  11. 谷本識心, Photchara Ratsamee, Jason Orlosky, 浦西友樹, 竹村治雄, "坂道の昇降感覚を提示する靴型デバイスの開発, 日本バーチャルリアリティ学会 複合現実感研究会, MR2020-18, 函館/オンライン (2020.10)

  12. 寺井省吾, 川村亮介, 白井詩沙香, メラサ アリザデ, 武村紀子, 浦西友樹, 長原一, 竹村治雄, "顔表情および頭部動作に基づくeラーニング時の覚醒度推定", 情報処理学会第82回全国大会論文集, pp.421-422, 石川 (2020.3)

  13. 目黒僚, Photchara Ratsamee, 間下以大, 浦西友樹, 竹村治雄, "FrictionHaptics: 摩擦力提示のためのハプティックデバイス", 日本バーチャルリアリティ学会 複合現実感研究会, ウトロ (2019.10)

  14. 田又健士朗, 間下以大, 浦西友樹, Photchara Ratsamee, "点群の位置合わせのためのローカルパッチ類似度推測", 日本バーチャルリアリティ学会 複合現実感研究会, ウトロ (2019.10)

  15. 長濱愛珠咲, 浜本多聞, 竹村治雄, Photchara Ratsamee, 浦西友樹, "VRパラグライダー飛行トレーナーの開発", 日本バーチャルリアリティ学会 複合現実感研究会, ウトロ (2019.10)

  16. 小川和樹, 間下以大, 浦西友樹, ラサミー ポチャラ, 竹村治雄, "天井裏における偏光情報を用いた特徴点対応の評価”, 情報処理学会研究報告, Vol. 2019-CVIM-217, No. 32, 東京 (2019.5)

  17. 小川敬也, 間下以大, 浦西友樹, ラサミー ポチャラ, 竹村治雄, "拡張現実感におけるRGBカメラ画像に整合した陰影付け", 情報処理学会研究報告, Vol. 2019-CVIM-217, No. 21, 東京 (2019.5)

  18. 浦西友樹, Holdcroft Trevor, 間下以大, ラサミー ポチャラ, 竹村治雄, "機械学習に基づくEpipolar Plane Imagesからの透明物体の屈折率推定", 第63回システム制御情報学会研究発表講演会 論文集, OS15-2, 大阪 (2019.5)

  19. 岡本拓朗, 浦西友樹, 間下以大, Photchara Ratsamee, 竹村治雄, "透明感操作のためのcGANsによる集光模様の実時間生成", 日本バーチャルリアリティ学会 複合現実感研究会, 札幌 (2018.10)

  20. 伊藤澄美, 浦西友樹, Photchara Ratsamee, 間下以大, 竹村治雄, "構造色パターンから光源方向を推定可能なARマーカ", 日本バーチャルリアリティ学会 複合現実感研究会, 札幌 (2018.10)

  21. 金山哲也, 間下以大, 浦西友樹, Photchara Ratsamee, 竹村治雄, "気流の可視化に伴い変化する温度感の評価", 第23回日本バーチャルリアリティ学会大会論文集, 33B-5, 仙台 (2018.9)

  22. 駒走友哉, 小池正英, Photchara Ratsamee, 間下以大, 浦西友樹, 竹村治雄, "映像監視空間の構築を支援するHMDを用いた3Dユーザインタフェース", 第23回日本バーチャルリアリティ学会大会論文集, 21E-6, 仙台 (2018.9)

  23. 田又健士朗, 間下以大, 浦西友樹, ラサミー ポチャラ, 竹村治雄, "断続的に撮影された点群間の位置合わせ", 情報処理学会研究報告, Vol.2018-CVIM-212, No.30, 大阪 (2018.5)

  24. 土田知実, 間下以大, 浦西友樹, Photchara Ratsamee, 竹村治雄, "携帯端末による屋内構造の計測と直方体モデルのフィッティング", 情報処理学会研究報告, Vol.2018-CVIM-212, No.32, 大阪 (2018.5)

  25. ソアレス メデイロス アンナ カロリナ, ラサミー ポチャラ, 浦西友樹, 間下以大, 竹村治雄, "Mouse vs Gesture: Interface Perceptions in Japan", 日本バーチャルリアリティ学会 複合現実感研究会, MR2017-13, 北見 (2017.10)

  26. 鋒山健太, 黒田嘉宏, 清川清, 浦西友樹, 竹村治雄, "湿度制御による蒸し暑さディスプレイ", 第22回日本バーチャルリアリティ学会大会論文集, 1D3-02, 徳島 (2017.9)

  27. Anshi Liu, Photchara Ratsamee, Tomohiro Mashita, Kiyoshi Kiyokawa, Yuki Uranishi and Haruo Takemura, "Segmentation of Reflection and Iris Pattern in Human Corneal Images", 第22回日本バーチャルリアリティ学会大会論文集, 2B1-02, 徳島 (2017.9)

  28. Tao Tao, Photchara Ratsamee, Yuki Uranishi, Kiyoshi Kiyokawa, Tomohiro Mashita, Haruo Takemura, "An Interactive 4D Visualization of Dynamic 3D Information", 第22回日本バーチャルリアリティ学会大会論文集, 1G3-06, 徳島 (2017.9)

  29. 岡本拓朗, 浦西友樹, 間下以大, ラサミー ポチャラ, 清川清, 竹村治雄, "深層学習による集光模様の実時間生成", 第20回画像の認識・理解シンポジウム Extended Abstract, 広島 (2017.8)

  30. 中村淳之, 清川清, Photchara Ratsamee, 間下以大, 浦西友樹, 竹村治雄, "対面協調作業に適した相互モーションキャプチャシステムの開発", 第143回ヒューマンインタフェース学会研究会「人工現実感,エンタテイメント,メディアエクスペリエンスおよび一般 (SIG-DeMO-03)」, 東京 (2017.6)

  31. 岡本拓朗, 浦西友樹, 間下以大, ラサミー ポチャラ, 清川清, 竹村治雄, "深層学習による集光模様の実時間生成", 情報処理学会研究報告, Vol.2017-CVIM-207, No.7,名古屋 (2017.5)

  32. 正満創太, 間下以大, ラサミー ポチャラ, 浦西友樹, 清川清, 竹村治雄, "光源変化シミュレーションと深層学習による特徴量変換を用いたカメラ位置姿勢推定", 情報処理学会研究報告, Vol.2017-CVIM-207, No.19, 名古屋 (2017.5)

  33. 井手絢香, 間下以大, 清川清, 浦西友樹, Photchara Ratsamee, 竹村治雄, "大域照明の内挿による光源操作可能なARシステム", 情報処理学会研究報告, Vol.2017-CVIM-207, No.23, 名古屋 (2017.5)

  34. 田村祐樹, 間下以大, 黒田嘉宏, 浦西友樹, 清川清, 竹村治雄, "狭帯域多波長画像ピラミッドを用いた生体マッチング方法の検討", 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.116, No.412, pp.207-212, 京都 (2017.1)

  35. 井手口裕太, 浦西友樹, 吉元俊輔, 黒田嘉宏, 大城理, "光線収束性を用いた透明物体表面の五次元推定の高精度化", 情報処理学会研究報告: コンピュータビジョンとイメージメディア, Vol.2016-CVIM-204, No.4, pp.1-8, 福岡 (2016.11)

  36. テチャサラトーン ナタオン, ラサミー ポチャラ, 間下以大, 浦西友樹, 清川清, 竹村治雄, "投影型拡張現実によるパッキング支援システム", 日本バーチャルリアリティ学会 複合現実感研究会, MR2016-12, 千歳 (2016.10)

  37. Yuki Uranishi and Masataka Imura, "Estimation of Lighting Direction Based on Structural Coloration", 第19回画像の認識・理解シンポジウム Extended Abstract, PS2-14, 浜松 (2016.8)

  38. 福士雄太, 岡本和也, 岩尾友秀, 浦西友樹, 田村寛, 齊藤永, 加藤源太, 黒田知宏, "外来病棟における位置情報とオーダ情報を用いた患者待ち時間の分析", 第60回システム制御情報学会研究発表講演会 論文集, 143-3, 京都 (2016.5)

  39. 今中健, 岡本和也, 疋田智子, 岩尾友秀, 浦西友樹, 田村寛, 齊藤永, 加藤源太, 黒田知宏, "勤務表から抽出した制約条件を用いたナース・スケジューリングシステム”, 第60回システム制御情報学会研究発表講演会 論文集, 323-3, 京都 (2016.5)

  40. 江指未紗, 中野友裕, 岩尾友秀, 浦西友樹, 岡本和也, 加藤源太, 齊藤永, 田村寛, 野間春生, 黒田知宏, "医療機器と病院情報システムを接続する試み", 第55回日本生体医工学会大会 プログラム・抄録集, Vol.54, Suppl.1, p.140, 富山 (2016.4)

  41. 丸山裕, 浦西友樹, 内藤知佐子, 岡本和也, 田村寛, 黒田知宏, "リスク想定学習のためのフィードバック情報を投影する採血シミュレータ", 計測自動制御学会関西支部・システム制御情報学会若手研究発表会 講演論文集, E2-4, 大阪 (2016.1)

  42. 井手口裕太, 浦西友樹, 吉元俊輔, 黒田嘉宏, 大城理, “辺縁での光学的部分恒常性に基づく透明物体の表面形状推定”, 情報処理学会研究報告: コンピュータビジョンとイメージメディア, Vol.2015-CVIM-199, No.11, pp.1-8, 兵庫 (2015.11)

  43. 丸山裕, 浦西友樹, 内藤知佐子, 岡本和也, 田村寛, 黒田知宏, “採血トレーニングのための穿刺位置に対する注射針の角度および深度推定”, 第15回日本VR医学会学術大会 抄録集, p.13, 京都 (2015.9)

  44. Tuukka Karvonen, Yuki Uranishi, Tatsunori Sakamoto, Yosuke Tona, Kazuya Okamoto, Hiroshi Tamura and Tomohiro Kuroda, “Segmentation of Cochlear Structure in Optical Coherence Tomography Images”, 第15回日本VR医学会学術大会 抄録集, pp.39-40, 京都 (2015.9)

  45. 浦西友樹, 井村誠孝, 黒田知宏, 大城理, “光源方向推定のための構造色パターンマッチング”, 第59回システム制御情報学会研究発表講演会 論文集, 343-4, 大阪 (2015.5)

  46. 丸山裕, 浦西友樹, 内藤知佐子, 岡本和也, 田村寛, 黒田知宏, “注射トレーニングのための腕型シミュレータへの解剖学的構造の投影”, 第59回システム制御情報学会研究発表講演会 論文集, 313-5, 大阪 (2015.5)

  47. 井手口裕太, 浦西友樹, 吉元俊輔, 井村誠孝, 大城理, “平行投影近似のためのライトフィールドカメラへの補助レンズの追加”, 第59回システム制御情報学会研究発表講演会 論文集, 343-2, 大阪 (2015.5)

  48. 團原佑壮, 浦西友樹, 吉元俊輔, 井村誠孝, 大城理, “視認性の高い投影のための色と形状に基づくシーンの評価”, 電子情報通信学会技術 研究報告, pp.79-84, 奈良 (2015.1)

  49. 長坂信吾, 浦西友樹, 吉元俊輔, 井村誠孝, 大城理, “タブレットPCと伸縮および振動可能なスタイラスを用いた力触覚提示”, 電気関係学会関西支部連合大会 予稿集, pp.417-418, 奈良 (2014.11)

  50. 豆野裕信, 井村誠孝, 浦西友樹, 吉元俊輔, 大城理, “光計測を用いた爪装着型指先接触力センサ”, 電子情報通信学会 技術研究報告, Vol.114, No,258, pp.21-24, 大阪 (2014.10)

  51. Victor Matsuguma, Yuki Uranishi, Masataka Imura, Shunsuke Yoshimoto, Osamu Oshiro, “Channel Selection for Image Segmentation Based on User Drawn Path”, 第17回画像の認識・理解シンポジウム Extended Abstract, SS2-15, 岡山 (2014.7)

  52. 長坂信吾, 浦西友樹, 吉元俊輔, 井村誠孝, 大城理, “伸縮および振動制御による力触覚提示可能なスタイラス”, 第58回システム制御情報学会研究発表講演会 講演論文集, 225-3, 京都 (2014.5)

  53. 團原佑壮, 浦西友樹, 吉元俊輔, 井村誠孝, 大城理, “シーンの色と形状に基づく高視認面へのプロジェクション”, 第58回システム制御情報学会研究発表講演会 講演論文集, 115-6, 京都 (2014.5)

  54. 井手口裕太, 浦西友樹, 吉元俊輔, 井村誠孝, 大城理, “ボクセル空間における煙霧のボケ除去のGPUを用いた高速化”, 第58回システム制御情報学会研究発表講演会 講演論文集, 335-3, 京都 (2014.5)

  55. 瀧澤洸, 浦西友樹, 吉元俊輔, 井村誠孝, 大城理, “視覚障がい者のための誘導音を用いた線図形トレーシングシステム”, 第58回システム制御情報学会研究発表講演会 講演論文集, 335-3, 京都 (2014.5)

  56. 井村誠孝, 横畑亮輔, 浦西友樹, 吉元俊輔, 黒田嘉宏, 大城理, “投球シミュレーションのための野球ボールのリリースモデル”, 第58回システム制御情報学会研究発表講演会 講演論文集, 132-7, 京都 (2014.5)

  57. 豆野裕信, 井村誠孝, 浦西友樹, 吉元俊輔, 黒田嘉宏, 大城理, “爪側からの光計測による指先の押下力推定”, 平成26年電気学会全国大会, 3-044, 愛媛 (2014.3)

  58. 團原佑壮, 浦西友樹, 黒田嘉宏, 井村誠孝, 大城理, 山本豪志朗, “屋外プロジェクションのための視認性に基づく投影面選択”, 計測自動制御学会関西支部・システム制御情報学会若手研究発表会 講演論文集, pp.121-124, 大阪 (2014.1)

  59. 井手口裕太, 浦西友樹, 黒田嘉宏, 井村誠孝, 大城理, “リフォーカス画像におけるボケを用いた煙霧の空間濃度分布推定”, 電子情報通信学会 技術研究報告, Vol.113, No.402, pp.287-292, 大阪 (2014.1)

  60. 籏岡亮, 井村誠孝, 浦西友樹, 大城理, “話者の非言語情報によるプレゼンテーション装飾システム”, 計測自動制御学会関西支部・システム制御情報学会若手研究発表会 講演論文集, pp.125-128, 大阪 (2014.1)

  61. 和田章宏, 井村誠孝, 黒田嘉宏, 浦西友樹, 大城理, “気管内圧を考慮した肺変形シミュレーション”, 計測自動制御学会関西支部・システム制御情報学会若手研究発表会 講演論文集, pp.89-92, 大阪 (2014.1)

  62. 中藤寛己, 井村誠孝, 黒田嘉宏, 浦西友樹, 大城理, “摂取水分量計測のための嚥下音の解析”, 自動制御連合講演会 講演予稿集, 新潟 (2013.11)

  63. 長坂信吾, 浦西友樹, 黒田嘉宏, 井村誠孝, 大城理, “タブレット端末と伸縮かつ振動可能なペンを用いた質感提示”, 電気関係学会関西支部連合大会 予稿集, pp.437-438, 大阪 (2013.11)

  64. 和田章宏, 井村誠孝, 黒田嘉宏, 浦西友樹, 大城理, “力覚提示によるドローイング支援システム”, 日本バーチャルリアリティ学会 研究報告, vol.18, HDC11, pp.21-24, 埼玉 (2013.11)

  65. 松崎成敏, 黒田嘉宏, 浦西友樹, 井村誠孝, 大城理, “立体音響のための骨伝導の振動伝播解析”, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.113, No.241, pp.25-30, 大阪 (2013.10)

  66. 浦西友樹, 山本豪志朗, 黒田嘉宏, 井村誠孝, 大城理, “軽度認知症を伴う高齢者のための深度センサとプロジェクタを用いた対話的な遠隔作業教示”, 第13回日本VR医学会学術大会 プログラム・抄録集, p.14, 大阪 (2013.8)

  67. 井村誠孝, 豆野裕信, 黒田嘉宏, 浦西友樹, 大城理, “食道の蠕動輸送シミュレーション”, 第13回日本VR医学会学術大会 プログラム・抄録集, p.23, 大阪 (2013.8)

  68. 籏岡亮, 井村誠孝, 浦西友樹, 黒田嘉宏, 大城理, “入力音声に応じた文字装飾が可能な電子黒板”, 2013年映像情報メディア学会年次大会 予稿集, 2-4, 東京 (2013.8)

  69. 豆野裕信, 井村誠孝, 浦西友樹, 黒田嘉宏, 大城理, “食道の蠕動運動による食塊輸送シミュレーション”, 第32回日本医用画像工学会大会 予稿集, OP5-1, 東京 (2013.8)

  70. 井村誠孝, 浦西友樹, 黒田嘉宏, 大城理, “画像連結領域ラベリングのCUDAによる並列化”, 第7回新画像システム・情報フォトニクス研究討論会 予稿集, pp.44-45, 東京 (2013.6)

  71. 井手口裕太, 浦西友樹, 黒田嘉宏, 井村誠孝, 大城理, “ライトフィールドカメラを用いた煙の空間濃度分布推定”, 第57回システム制御情報学会研究発表講演会 講演論文集, 336-1, 兵庫 (2013.5)

  72. 横畑亮輔, 井村誠孝, 浦西友樹, 黒田嘉宏, 大城理, “手の力学的特徴を反映した統合型投球シミュレーション”, 第57回システム制御情報学会研究発表講演会 講演論文集, 215-5, 兵庫 (2013.5)

  73. 長坂信吾, 浦西友樹, 黒田嘉宏, 井村誠孝, 大城理, “バーチャル空間に挿入可能な三次元スケッチペン”, 情報処理学会エンタテインメントコンピューティング研究会, Vol.2013-EC-28, No.1, pp.1-7, 大阪 (2013.5)

  74. 井手口裕太, 横畑亮輔, 井村誠孝, 浦西友樹, 黒田嘉宏, 大城理, “聴覚フィードバックを用いた歌唱時の音程操作”, 情報処理学会エンタテインメントコンピューティング研究会, Vol.2013-EC-28, No.10, pp.51-56, 大阪 (2013.5)

  75. 井手口裕太, 浦西友樹, 黒田嘉宏, 井村誠孝, 大城理, “リフォーカス画像群からの煙の空間濃度分布推定”, 計測自動制御学会関西支部・システム制御情報学会若手研究発表会 講演論文集, pp.77-80, 大阪 (2013.1)

  76. 松崎成敏, 浦西友樹, 黒田嘉宏, 井村誠孝, 大城理, “音像定位のための骨伝導の周波数特性推定”, 計測自動制御学会関西支部・システム制御情報学会若手研究発表会 講演論文集, pp.57-58, 大阪 (2013.1)

  77. 上月一史, 武富貴史, 浦西友樹, 山本豪志朗, 宮崎純, 加藤博一, “カメラ位置・姿勢情報を考慮した画像補正に基づく射影変化にロバストな特徴点追跡”, 平成24年電気関係学会関西連合大会 講演論文集, 9pm-T33, pp.474-475, 大阪 (2012.12)

  78. 黒田嘉宏, Ilana Nisky, 田中岳, 浦西友樹, 井村誠孝, Allison M. Okamura, 大城理, “表面筋電図を用いた運動予測に基づく力覚提示に関する研究”, 日本バーチャルリアリティ学会 研究報告, Vol. 17, No. HDC09, pp.11-14, 大阪 (2012.11)

  79. Jaakko Hyry, 山本豪志朗, 浦西友樹, 武富貴史, 宮崎純, Petri Pulli, 加藤博一, “認知症患者の在宅支援技術に関する検討”, ヒューマンインタフェース学会 研究報告集, Vol.14, 石川 (2012.10)

  80. 久保和樹, 山本豪志朗, 武富貴史, 浦西友樹, 宮崎純, 加藤博一, “広大なディスプレイ環境におけるウィンドウ操作支援”, 平成24年度情報処理学会関西支部 支部大会 講演論文集, G-04, 大阪 (2012.9)

  81. 有田千紘, 山本豪志朗, 浦西友樹, 武富貴史, 宮崎純, 加藤博一, “複数の携帯型プロジェクタによる投影面合成時の相対的色補正”, 平成24年度情報処理学会関西支部 支部大会 講演論文集, G-17, 大阪 (2012.9)

  82. 岡田和也, 武富貴史, 山本豪志朗, 浦西友樹, 宮崎純, 加藤博一, “カメラズームによる内部パラメータの変化を考慮した拡張現実感のためのカメラ位置・姿勢推定”, 電子情報通信学会 技術研究報告, MVE2012-33, 北海道 (2012.9)

  83. 小林正英, 眞鍋佳嗣, 矢田紀子, 浦西友樹, “複合現実感における陰影表現と質感表現の統合と最適化”, 日本色彩学会第43回全国大会 要旨集, 2C-3, pp.72-73, 京都 (2012.5)

  84. 鈴木朝日, 眞鍋佳嗣, 矢田紀子, 浦西友樹, “拡張現実のための重ね合わせと自由回転可能な円形カラーマーカの提案”, 映像情報メディア学会2011年冬季大会講演予稿集, p.8-12, 東京 (2011.12)

  85. 小林正英, 眞鍋佳嗣, 矢田紀子, 浦西友樹, “GPUを用いた複合現実感における映り込み表現の最適化”, 映像情報メディア学会2011年冬季大会講演予稿集, p.8-13, 東京 (2011.12)

  86. 西田武司, 浦西友樹, 松代直樹, 池田聖, 山本豪志郎, 宮崎純, 加藤博一, 千原國宏, “時系列画像からの顔面神経麻痺の40点法に基づく定量評価”, 平成23年度情報処理学会関西支部大会講演論文集, C-30, 大阪 (2011.9)

  87. 三宅正夫, 眞鍋佳嗣, 浦西友樹, 池田聖, 千原國宏, “視覚障がい者支援のための衣類の色および模様提示システムの評価”, 平成22年度日本色彩学会関西支部大会 論文集, pp.20-21, 京都 (2011.2)

  88. 浦西友樹, 眞鍋佳嗣, 千原國宏, “実環境と仮想物体の相互反射を考慮したインテリアデザインシミュレータ”, HCGシンポジウム2010 論文集, pp.192-195, 宮崎 (2010.12)

  89. 山岡信介, 眞鍋佳嗣, 浦西友樹, 池田聖, 千原國宏, “人の動作のぎこちなさ特徴の尺度化”, HCGシンポジウム2010 論文集, pp.51-54, 宮崎 (2010.12)

  90. 三宅正夫, 眞鍋佳嗣, 浦西友樹, 池田聖, 千原國宏, “視覚障がい者支援のための衣類の色と模様の認識”, 第4回色彩情報シンポジウム in 長野 論文集, pp.25-28, 長野 (2010.11)

  91. 鈴本悠輝, 浦西友樹, 眞鍋佳嗣, 千原國宏, “不透明物体を内包する透明物体の形状計測のためのシルエット分離抽出”, 第9回情報科学技術フォーラム 論文集, pp.183-184, 福岡 (2010.9)

  92. 森家康文, 浦西友樹, 眞鍋佳嗣, 佐々木博史, 千原國宏, “可視光画像と距離画像の併用による共連れ対応入退室情報記録システム”, 画像の認識・理解シンポジウム 論文集, pp.510-517, 北海道 (2010.7)

  93. 中久保佳幸, 佐々木博史, 浦西友樹, 眞鍋佳嗣, 千原國宏, “ウェアラブルナビゲーションシステムのための指さし動作からの目的地候補推定”, 2009年度HCGシンポジウム 論文集, A6-2, 北海道 (2009.12)

  94. 森家康文, 浦西友樹, 佐々木博史, 眞鍋佳嗣, 千原國宏, “入退出管理のための距離画像センサを用いた複数人物画像の個別分離”, 第52回自動制御連合講演会 講演論文集, E4-1, 大阪 (2009.11)

  95. 木村有里, 眞鍋佳嗣, 浦西友樹, 佐々木博史, 千原國宏, “化粧支援のための風圧を用いた顔面上位置提示”, 平成21年度情報処理学会関西支部大会 講演論文集, D-05, 兵庫 (2009.9)

  96. 中久保佳幸, 浦西友樹, 佐々木博史, 眞鍋佳嗣, 千原國宏, “ウェアラブルナビゲーションシステムのための指さしによる目的地指定インタフェース”, 第14回日本バーチャルリアリティ学会大会 論文集, 3A3-1, 東京 (2009.9)

  97. 藤木健史, 浦西友樹, 佐々木博史, 眞鍋佳嗣, 千原國宏, “ジェスチャインタフェースのための指輪型マーカの位置姿勢推定”, 第14回日本バーチャルリアリティ学会大会 論文集, 3A3-2, 東京 (2009.9)

  98. 三宅玲, 浦西友樹, 佐々木博史, 眞鍋佳嗣, 千原國宏, “複数投影像の重畳によるHDR表示”, 画像の認識・理解シンポジウム2009 論文集, pp.1705-1712, 島根 (2009.7)

  99. 木村有里, 浦西友樹, 佐々木博史, 眞鍋佳嗣, 千原國宏, “視覚障害者を対象とした顔面上の位置提示風圧デバイス”, 第53回 システム制御情報学会研究発表講演会 講演論文集, pp.267-268, 兵庫 (2009.5)

  100. 中久保佳幸, 浦西友樹, 佐々木博史, 眞鍋佳嗣, 千原國宏, “指さしコミュニケーションのための指さし位置推定”, 第53回 システム制御情報学会研究発表講演会 講演論文集, pp.155-156, 兵庫 (2009.5)

  101. 藤木健史, 浦西友樹, 佐々木博史, 眞鍋佳嗣, 千原國宏, “ウェアラブルコンピュータにおけるリング型デバイス“Ubi-WA”の提案”, 第53回 システム制御情報学会研究発表講演会 講演論文集, pp.157-158, 兵庫 (2009.5)

  102. 森家康文, 浦西友樹, 佐々木博史, 眞鍋佳嗣, 千原國宏, “冷蔵庫内の在庫管理のための食材認識”, 第53回 システム制御情報学会研究発表講演会 講演論文集, pp.263-264, 兵庫 (2009.5)

  103. 山端寿久, 浦西友樹, 佐々木博史, 眞鍋佳嗣, 千原國宏, “放射照度キャッシング法による粒子群の写実的描画”, 第53回 システム制御情報学会研究発表講演会 講演論文集, pp.577-578, 兵庫 (2009.5)

  104. 吉竹大輔, 浦西友樹, 佐々木博史, 眞鍋佳嗣, 千原國宏, “高速度ステレオカメラを用いた羽ばたき動作の三次元計測”, 第53回 システム制御情報学会研究発表講演会 講演論文集, pp.113-114, 兵庫 (2009.5)

  105. 加門紗香, 浦西友樹, 佐々木博史, 眞鍋佳嗣, 千原國宏, “対象に固定したカメラによる和綴じ支援のための針位置計測システム”, 色彩情報シンポジウム in 長野 2008, pp.27-30, 長野 (2008.9)

  106. 伊原章達, 浦西友樹, 佐々木博史, 眞鍋佳嗣, 千原國宏, “複合現実感における光沢面への立体マーカの映り込み除去”, 第13回日本バーチャルリアリティ学会大会 論文集, pp.195-196, 奈良 (2008.9)

  107. 今村昂司, 浦西友樹, 佐々木博史, 眞鍋佳嗣, 千原國宏, “半透明マーカによる仮想物体の積み重ね表現”, 第13回日本バーチャルリアリティ学会大会 論文集, pp.197-200, 奈良 (2008.9)

  108. 三宅玲, 浦西友樹, 佐々木博史, 眞鍋佳嗣, 千原國宏, “複数プロジェクタによるHDR表示の性能評価”, 第13回日本バーチャルリアリティ学会大会 論文集, pp.519-522, 奈良 (2008.9)

  109. 辻村裕美, 浦西友樹, 坂田宗之, 眞鍋佳嗣, 千原國宏, “スリットパターンの映り込みを利用した透明物体の全周形状計測”, 平成19年度情報処理学会関西支部大会 講演論文集, pp.39-40, 大阪 (2007.11)

  110. 辻村裕美, 浦西友樹, 眞鍋佳嗣, 千原國宏, “鏡面反射を用いた透明物体の形状計測手法”, 第51回 システム制御情報学会研究発表講演会 講演論文集, 6W3-5,pp.491-492, 京都 (2007.5)

  111. 浦西友樹, 長縄美香, 眞鍋佳嗣, 千原國宏, “円筒鏡を用いた全周形状計測システムのための対応点探索手法の検討”, 第50回 システム制御情報学会研究発表講演会 講演論文集, 6W3-2, pp.379-380, 京都 (2006.5)

  112. 浦西友樹, 長縄美香, 眞鍋佳嗣, 千原國宏, “魚眼レンズと円筒鏡を用いた全周形状計測手法”, 第49回 システム制御情報学会研究発表講演会 講演論文集, 6C3-5, 京都 (2005.5)

  113. 浦西友樹, 松尾賢一, 上田勝彦, “形状特徴を用いた非文字領域除去処理による文字列領域抽出の高精度化”, 2004年電子情報通信学会総合大会 講演論文集, D-12-38, 東京 (2004.3)

  114. 浦西友樹, 松尾賢一, 上田勝彦, “文字の配置特徴と形状特徴を用いた文字領域候補検出についての考察”, 平成15年電気関係学会関西支部連合大会 講演論文集, G14-6, 大阪 (2003.11)

Misc.

  1. 浦西友樹, "書評: OpenCVとPythonによる機械学習プログラミング", 日本バーチャルリアリティ学会誌, Vol.27, No.1, pp.41-42 (2022.3)

  2. 浦西友樹, "研究室運営に関するアンケート「我々は如何にこの難局を乗り越えようとしているのか", 日本バーチャルリアリティ学会誌, Vol.26, No.1, pp. 6-9 (2021.3)

  3. 浦西友樹, "令和元年は今度こそHMD元年となるか?", 日本バーチャルリアリティ学会誌, Vol.24, No.3, p.6 (2019.9)

  4. 浦西友樹, "コンピュータビジョンライブラリーOpenCV3.0", 映像情報メディア学会誌, Vol.72, No.5, pp.736-739 (2018.9)

  5. 浦西友樹, 井手口裕太, "CVPR2017見聞記", 映像情報メディア学会誌, Vol.72, No.1, pp.69-73 (2018.1)

  6. 舩冨卓哉, 石井雅人, 井上中順, 金崎朝子, 高橋康輔, 道満恵介, 吉岡隆宏, 浦西友樹, "MIRU2016若手プログラム実施概要と次回の企画紹介", 電子情報通信学会 情報・システムソサイエティ誌, Vol.21, No.4, pp.16-22 (2017)

  7. 浦西友樹, "CVPR2016参加報告", 映像情報メディア学会誌, Vol.71, No.1, pp.46-48 (2017.1)

  8. 一刈良介, 内山英昭, 浦西友樹, 大倉史生, 武富貴史, 山本豪志朗, 清川清, "MRの未来を語る若手放談会(20周年記念特集 これからのVR)", 日本バーチャルリアリティ学会誌, Vol.21, No.3, pp.9-11 (2016.9)

  9. 島田敬士, 浦西友樹, 上瀧剛, 柴田剛志, 道満恵介, 豊浦正広, 柳川由紀子, "MIRU2014若手プログラム実施報告と次回の企画紹介", 電子情報通信学会 情報・システムソサイエティ誌, Vol.20, No.4, pp.21-24 (2016)

  10. 浦西友樹, "スーパーサイエンスハイスクール生徒研究発表会に参加して", システム/制御/情報, Vol.60, No.3, p.128 (2016.3)